ガジェット

【2000円】Macで便利な格安キーボードはこれ一択!!

MacBookを利用している方で外部ディスプレイを利用している方のほとんどは、キーボードを利用していることでしょう。

私も家ではMacBook Proをクラムシェルで利用しておりキーボードの購入で迷いましたのでこの記事でキーボードの購入について悩み中の方の参考になればと思います。

Mac用キーボードの選び方

キーボードのタイプにはさまざまありますのでそれぞれのメリットやデメリットを紹介します。

有線キーボード


メリット

  • 電池切れにならない
  • 安定している
  • 価格やリーズナブルなものが多い


デメリット

  • ケーブルが届く範囲のみでの使用
  • 持ち運びに不向き
  • テーブルがごちゃつく

ワイヤレスキーボードのメリットとデメリット

メリット

  • 机がスッキリする
  • 足の上に置くなどどんな体勢でも打てる
  • 持ち運びが便利

デメリット

  • 電池やバッテリーの心配がある
  • 価格が有線キーボードより高い
  • ブルートゥース接続に数秒かかる
  • 他にも電池が少なくなるとスピードを争うゲームで反応に影響を感じる人もいる

快適な作業にはワイヤレスキーボード

デスク周りがスッキリしていると作業が快適になります。

筆者も昔はマウスもキーボードも有線はでした。

電池を買うのがめんどくさい、接続にムラがあったらどうしようなどと思っていました。

実際に使ってみると電池は数ヶ月以上持ちますし、接続で嫌な思いをしたことはありません。

PCで作業をするときも、飽き性な性格なので変な体勢ですることがあります。

その時にコードがないので足の上で打ってみたり、離れて打ってみたりどんな体勢でも扱えるのが良いですね。

MacBookを使っている人はそもそも接続部がタイプCの所しかないのでわざわざ有線で接続するものを探すよりも無線で接続するものを購入したほうが手っ取り早いあかと思います。

ワイヤレスの中でもBluetooth対応が良い 格安でも十分!

ワイヤレスの対応の中でもUSBをPC本体に差し込んで利用するものとBluetoothで接続するものがあります。

一昔前まではBluetoothは接続が悪いというイメージがあり利用しない人もいましたが今は接続もしっかりしており、問題なく利用できます。

英語キーボードでMacをもっとスマートに

ここで私が使っている無線のキーボードを紹介します。
AnkerのウルトラスリムBluetoothワイヤレスキーボードです。

Amazonで2000円で購入しました。

購入する時に迷っていたポイントがMacBookと同じUS表記のキーボードが欲しいという点でした。

持っているMacBook ProもUS表記だったので同じものにしたいと思っていましたが純正のものは高くて躊躇していた時に見つけたのがこちらでした。


実際に買って半年以上使っているので率直なよかったところと悪かったところをあげていきます。


良かったところ

  • コストパフォーマンスが良い
  • USキーボードと同じで見やすく使いやすい
  • 軽い
  • 接続に問題がない
  • 電池がなかなかなくならない(半年利用でまだ交換なし)


悪かったところ

  • 充電式ではない
  • 少しだけ安っぽい
  • 音声入力できない


個人的には満足していますがアップルの純正品に比べると少しだけチープな気がします。

値段が安いので当然ですが...

まとめ お金があるなら純正キーボード!

正直純正のキーボードは高い...でもそんなこと気にしないのであれば純正のものを購入するのがいいと思います。

USでも日本表記でも選べますし、バッテリーも充電式です。

でも少しでも安く抑えたいという方には最適だと思います。

私はどちらを買うか1週間ほど悩んでとりあえず安いほうを買って試してみようと思いました。

でも思っていたよりも良く2000円とは思えないほどの高品質でした。

外部ディスプレイがあるとキーボードがあったほうが効率的に作業ができるのでMacBookを利用の方、特にUS表記のキーボードを利用している方には特におすすめのキーボードなので是非購入してみてはいかがでしょうか。

-ガジェット

© 2021 ローラぶろぐ